データやコラム、多角的な視点で野球の魅力を発信!ベースボールチャンネル(BaseBall Channel)




クライマックスシリーズファイナルステージ第2戦は、阪神と日本ハムが勝利

16日クライマックスシリーズファイナルステージの第2戦が行われ、セリーグは阪神が、パリーグは日本ハムが勝利した。

2014/10/16

text By

タグ: , , , , ,



 ソフトバンクの2勝、セリーグは1勝1敗で迎えた第2戦。

 セリーグは、初戦同様に阪神の打線がつながる。
 3回、巨人の先発・澤村に対してレギュラーシーズン14打数4安打の上本、さらには鳥谷の連続タイムリーで2点を先制する。

 5回に澤村が3回にタイムリーを打たれている上本に頭部への死球で危険球退場。そのあと、代わった久保から鳥谷がセンター前へタイムリー。マートンも続き、この回に3点を追加。大きくリードを奪う。

 阪神先発の岩田は、7回6安打2失点。3回の一死満塁のピンチでは橋本を併殺に打ち取るなど要所を締めた。

 巨人の反撃は7回。井端のホームランで2点をかえし、そのあと、さらに追加点のチャンスがあったが、長野はファーストライナー、8回は阿部もファーストライナーでどちらもゲッツーとなり、運も阪神を味方した。最後は阪神の守護神・呉が締めて5対2で阪神が勝利した。

 これで阪神は2連勝、アドバンテージを含む2勝1敗とした。

 パリーグは、今日ソフトバンクが勝利すると日本シリーズ進出に王手となる。初回、クライマックスシリーズ初先発の中村から内川が先制ホームラン。中村は降板する4回まで5四死球と制球が定まらず、4回途中で谷元にスイッチ。その後、鍵谷とつなぐ。

 ホークスの武田は、3,4回と先頭打者を許すも後続を打ち取り、初回の1点を何とか守りきる。

 しかし、6回、武田がピンチを招き二死のあと、陽の打球を今宮が悪送球。これで一気に日本ハムが逆転。陽を置いて、4番の中田が3試合連続のホームラン。一気に4対1と日本ハムが突き放す。

 8回にも中田のタイムリーで1点を追加した日本ハム。鍵谷の後を白村、クロッタ、増井とつなぎ、盤石リレーで、ファイナルステージ初勝利をあげた。

 ソフトバンクにとっては、一つの守備のミスが致命的な失点につながった。

スポンサードリンク

shiro





@