データやコラム、多角的な視点で野球の魅力を発信!ベースボールチャンネル(BaseBall Channel)




クライマックスシリーズファイナルステージの初戦は、阪神とソフトバンクが勝利

2014/10/15

text By



 今日から、クライマックスシリーズファイナルステージが開幕。
 巨人、ソフトバンクのリーグ優勝チームに1勝のアドバンテージが与えられている。ファーストステージから勝ち上がったチームにとっては、非常に重要な初戦だった。

 セリーグは、阪神が鮮やかな先制逃げ切りで先勝。1勝1敗の五分に戻した。
 ファーストステージは2試合で1得点と不振だった打線。しかし、初回にいきなり巨人の先発・内海をつかまえた。千葉ロッテ時代にクライマックスシリーズファイナルステージを経験している1番・西岡がヒットで出塁。その後、鳥谷にタイムリーが飛び出し、さらに4番・ゴメスが2ランホームラン。阪神がいきなり3点をあげる。3回にもゴメスのタイムリーで追加点をあげた。

 大事な初戦を任された先発の藤浪は7回117球6安打6奪三振1四球1失点。指揮官の期待に応えた。
 巨人はエースの内海が誤算だった。7回裏に阿部のホームランで1点をかえし、さらに無死満塁の大チャンスだったが無得点に終わり、結局阪神が4対1で勝利した。

 パリーグは、前日までファーストステージを戦った日本ハムにとっては厳しい日程に。
 先発のルーキー浦野はレギュラーシーズンで相性の悪かった今宮、中村を無安打に抑え、たびたびのピンチをしのいで8回まで1失点。打線も、7回に中田翔などのホームランで2対1と逆転に成功した。

 しかし、9回。そのままマウンドに上がった浦野がつかまる。ピンチになった場面でクローザーの増井を投入したが、吉村に逆転サヨナラ2点タイムリーでソフトバンクが劇的なサヨナラ勝利。これまでポストシーズンでの日本ハム戦、未勝利だったソフトバンクがついに白星をあげた。これで2勝0敗。明日勝利すれば、日本シリーズ進出に王手を懸ける。
 日本ハムは、9回の継投が悔やまれる敗戦となった。

スポンサードリンク

shiro





@