データやコラム、多角的な視点で野球の魅力を発信!ベースボールチャンネル(BaseBall Channel)




緊急降板の金子千尋が見せた、エースとしての責任感【どら増田のオリ熱コラム #55】

オリックスのエースに緊急事態だ。1日の楽天戦に先発した金子千尋が4回、肩の違和感を訴えて、途中降板した。

2015/09/02

text By

タグ: , , , ,



京セラドーム

自ら降板を申し出

「いろいろありますので……」

 これは8月25日に京セラドームで行われた楽天戦で、7回を4安打無四球無失点で抑え、球数も94球と本来の金子千尋であれば今季初の完投、完封ペースだった にもかかわらず、8回から平野佳寿、9回から佐藤達也に継投したことについて、 試合後報道陣からの質問に福良淳一監督代行が、少し口を濁しながら発した言葉である。

 金子もその日の囲み会見で「自分から代わるというのはないです」と自身は完投も出来たかのようなコメントを残している。

 そして、1日に舞台を仙台に移した同一カードで、金子は4回、右肩の違和感を訴え緊急降板した。

「金子は1回外します。(降板は)本人の希望。(異変があったのは)銀次に打たれた時。前回、心配なところがあった。検査を受けないとわからない。(チームにとっては)痛い」

 1日の試合後、いつもより少し遅れて報道陣の前に現れた福良監督代行は、前回登板時から金子の肩に不安があったことを認めた。

 その後、バスに乗り込むために現れた金子は、報道陣の問いかけに答えながら 一度バスへと向かう階段を登りかけたが「下で話しましょう」と階段を降り、自分の言葉で今言えることをしっかりと報道陣に話した。

「肩のことは喋れません。前回(8.25)は気にはなってましたけど、投げられ ないということはなかったので、今回は慎重に調整しましたが、やめておいたほうがいいかなと思ったので(降板を申し出た)」

 金子は2日に登録を抹消され、病院で検査を受けることになる。

スポンサードリンク

1 2

shiro





@