データやコラム、多角的な視点で野球の魅力を発信!ベースボールチャンネル(BaseBall Channel)




マリーンズ壮行会開催 開幕直前!福岡入り前日にファンへ優勝を誓う

千葉ロッテマリーンズは、24日に豊砂公園で公園キャッチボール、海浜幕張駅前にてホームタウン壮行会を開催した。

2015/03/25

text By

photo

ベースボールチャンネル編集部

タグ: , , , ,



マーくん、リーンちゃんのコピー

子ども達に野球の楽しさを。公園キャッチボールを開催。

 千葉ロッテマリーンズは、3月24日に豊砂公園で公園キャッチボールを開催した。

 この公園キャッチボールは、首都圏プロ野球5球団共同事業『公園キャッチボールプロジェクト』として、キャッチボールができる環境の減少に危機を感じた読売ジャイアンツ、東京ヤクルトスワローズ、横浜DeNAベイスターズ、千葉ロッテマリーンズ、西武ライオンズの首都圏に本拠地を置く5球団によって2015年1月よりスタートしたものである。

 この日は申し込みで当選した親子が参加し、イベントMCこなつさんの司会のもと、長崎伸一マリーンズアカデミーコーチがキャッチボールの基礎指導から行った。ただボールを投げ合うだけでなく、ボールに慣れることを目的に自分の真上にボールを投げてキャッチするなど、普段はあまり行わない練習も取り込まれていた。そして、長崎コーチの「相手の捕りやすいボールを投げることが一番大切」という言葉に子ども達は真剣に耳を傾けていた。

 その後、岡田幸文、鈴木大地、西野勇士、中村奨吾の4選手が登場。選手はそれぞれ4チームに分かれた参加者に混ざりキャッチボールやミニゲームを行った。「ナイスボール!」「ナイスキャッチ!」と選手に声を掛けられると、子どもだけなくお父さんやお母さんも嬉しそうな姿が目立った。最後は、選手から参加親子にボールをプレゼントし、記念の集合写真も撮影。開幕直前の選手と交流できたこともあり、終始笑顔が絶えないイベントとなった。

公園キャッチボール

スポンサードリンク

1 2

shiro





@