データやコラム、多角的な視点で野球の魅力を発信!ベースボールチャンネル(BaseBall Channel)




DeNA 球団オリジナル醸造ビール「BAYSTARS ALE(ベイスターズ・エール)」が「インターナショナル・ビアカップ2015」にて銀賞を受賞!

横浜DeNAベイスターズ球団初のオリジナル醸造ビール「BAYSTARS ALE(ベイスターズ・エール)」が、日本最古のビール審査会「インターナショナル・ビアカップ2015」にて、アメリカンスタイル・ウィ―トビール部門で銀賞を受賞した。

2015/09/24

text By

タグ: , , , ,



image-76912

球団初のオリジナル醸造ビールが銀賞

 横浜DeNAベイスターズ球団初のオリジナル醸造ビール「BAYSTARS ALE(ベイスターズ・エール)」が、日本最古のビール審査会「インターナショナル・ビアカップ2015」にて、アメリカンスタイル・ウィ―トビール部門で銀賞を受賞した。

 インターナショナル・ビアカップは、1996年に第一回が開催されて以来、毎年開催されている日本で一番古い歴史を持つビール審査会で、世界でも2番目に古い歴史を持っている。
 審査は、クラフトビア・アソシエーション認定ビアジャッジや世界五大ビール審査会の経験者を中心とした審査員が、出品ビールをブラインド(ビールの醸造者、銘柄を伏せた状態)で評価し、スタイルごとに金、銀、銅賞を決定する。
 今年は、アメリカ、オランダ、スペイン、ドイツ、イタリア、ポーランド、オーストラリア、ニュージーランド、タイ、ベトナム、中国、香港、台湾、韓国、日本の15カ国から約50名の審査員が、世界各国から出品された約350銘柄のビールを審査した。

「BAYSTARS ALE(ベイスターズ・エール)」は、横浜DeNAベイスターズらしさを表現するために、横浜DeNAベイスターズの選手、監督、コーチに対し、どんなビールを造ってほしいかを、色、アルコール度数、ホップの香り、苦味の程度など細かくアンケート調査を実施し、その結果を元に、醸造家とともに最適な味わいを追求して製造したオリジナル醸造ビールだ。

 横浜スタジアム外野入場券売場隣 ライフスタイルショップ「+B」併設コーヒースタンド「BALLPARK COFFEE」にて販売中で、一度飲んでみてはいかがだろうか。

「BAYSTARS ALE」4つの特徴
■色は最も明るいゴールドカラー
■アルコール度数 は4.5%で女性も飲みやすいすっきりした味わいを追求
■ホップの香りは草原のような爽やかな香りに柑橘系の香りをプラス
■麦の甘味とホップの苦味でバランスを取り、あまり苦味を感じない飲みやすさ

☆販売概要
【商品名】    BAYSTARS ALE(ベイスターズ・エール)
【販売場所】   ・横浜スタジアム外野入場券売場隣 ライフスタイルショップ「+B」併設
コーヒースタンド「BALLPARK COFFEE」
【価格】     700円(400ml)※生ビールのカップ販売のみ
(瓶での販売はございません)
【アルコール分】 4.5%

スポンサードリンク

shiro





@