データやコラム、多角的な視点で野球の魅力を発信!ベースボールチャンネル(BaseBall Channel)




【MLB】セントルイスのファン総立ちに感動 タイカッブ越えのイチロー「今夜スペシャルな場所に」

8月15日のセントルイス戦で、イチローが「球聖」タイ・カッブの通算4191本安打記録を超えた。この大いなるマイルストーンに、ジェニングス監督も相手チームのファンも絶賛。その反応に、イチローも感動。脱帽して感謝の意を表した。

2015/08/17

text By

photo

Getty Images

タグ: , , , ,



イチロー0816

試合後の会見でジェニングス監督「素晴らしい瞬間だった」

 8月14日のセントルイス戦で、イチローは日米通算ヒット数において「球聖」タイ・カッブのメジャー記録と並んだ。このニュースはマーリンズだけにではなく、セントルイスの多くの野球ファンにも報道された。そして翌日15日、同じくブッシュスタジアムでイチローが通算4192本目となるシングルをライト前に放ち、カッブの記録を上回った。マーリンズのベンチではチームメイトが総立ちで拍手。大勢の観衆も立ち上がり盛大なオベーションを贈った。そしてイチローがヘルメットをとり深々とお辞儀をして感謝の意を表した。

 試合後、この瞬間を振り返ってマーリンズのジェニングス監督が会見した模様が、MLB公式ビデオサイトに収められている。「イチローの偉大なるマイルストーン」に関し、監督はこう語っている。

「これほど偉大な記録を破るとは、イチローがそれだけ特別な選手であることの証である。イチローはプロフェッショナリズムの模範のような選手で、打者として、ラインナップのどこに入れても貢献してくれる。2番、7番、先頭バッター、どこに起用しても質の高い打席を見せてくれるし、そもそも野球というスポーツに対する理解、そして自らのスタイルに対する理解が極めて深い。タイ・カッブの記録に追いつき、追い越した瞬間をこの目で見れたことは、とても光栄に思っている」

 また監督はセントルイスを「a great baseball city」と呼び、こう続けた。

「本当に素晴らしい瞬間だった。イチローが自分の手で勝ち取った栄光の瞬間であった。それにセントルイスのファンたちは本当によく野球を知っている。目の前に、将来殿堂入りする選手がいることがわかっていて、その選手に尊敬の意を表したのだから。そしてイチローも帽子を取り、この驚くべき業績を祝ってくれたファンたちに感謝した」

スポンサードリンク

1 2

shiro





@