データやコラム、多角的な視点で野球の魅力を発信!ベースボールチャンネル(BaseBall Channel)




【元ドジャーススカウト、小島圭市の禅根夢標】平野佳寿投手は、MLBでも成功するタイプの投手~黒田博樹投手、カーショウ投手らに共通する「好投手の条件」

ベースボールチャンネルでは、月2回、読売ジャイアンツなどでプレーし、その後ロサンゼルス・ドジャースの日本担当スカウトとして当時、黒田博樹投手や齋藤隆投手の入団に携わった小島圭市氏の連載をスタートさせます。小島氏は現在、(株)K’sLabを立ち上げ、スポーツ環境の向上から青少年の育成に積極的に関わっています。この連載では、日本の野球界が発展するための視点から、一つのテーマを深く掘り下げ、野球ファンや、野球指導に携わる皆さんに問題提起をしていきたいと考えています。さて、1日からMLBのプレーオフが始まり、日本も11日からクライマックスシリーズが始まります。第2回目のテーマは、元スカウトから観た「好投手の条件」です。

2014/10/10

text By

photo

Getty Images

タグ: , , , , , , ,



St. Louis Cardinals vs Los Angeles Dodgers, 2014 National League Division Series

黒田博樹投手は、なぜメジャーで成功できたのか?

 一言に「好投手の条件」といいましても、たくさんあると思います。個人的な意見で言わせてもらえば、頭のいい投手、バランスのいい投球フォーム、そして、一番大事なのが、セルフコントロールができるかどうかだと思います。

 頭がいいというのは、視界が360度ある投手です。実際の視野が広いという意味ではなく、「先が読める」という投手が好投手に必要な要素であると思います。次に、バランスのいいフォームをしている選手。
 例を挙げていくなら、グレッグ・マダックス投手や、先日、14年連続200イニング登板の偉業を達成したマーク・バーリー投手(ブルージェイズ)、ジョン・レスター投手(アスレチックス)などです。彼らは、ほぼ完ぺきに近い、メカニックを持っています。

 体重移動がスムーズで、バランスのいいフォームをしています。わかりやすく言えば、投球動作が始まってから終わるまでを断片的にとらえた時に、どこから押しても倒れないフォームということです。

 日本人投手でいえば、ダルビッシュ有投手が東北高1年生の時は、そういうフォームをしていました。身体は全くできていませんでしたが、ものすごくバランスが取れていました。

「いい投手だな、このまま成長すれば、すごい投手になるだろう」というのを感じました。

 私がスカウトを担当した黒田博樹投手も、いいフォームです。ただ、彼は日本で投げているときに比べると、別人になったと思います。
 あれほどの転換に成功したピッチャーは、過去を探っても、少ないのではないでしょうか。しかも、彼は成績を残しながらですから、大したものです。

 彼をスカウティングした時の話をしますと、シュート系のボールを覚えてから、バランスが良くなったと記憶しています。それまでは数字が示していた通り、四球こそ少なかったものの、狙って投げていると感じられるボールは少なかったのです。

 それがシュート系のボールを覚え、ボールが走り、低めに投げることができ、バランスも良くなりました。シュートという球が相乗効果を生み、彼を成長させました。

 私は、彼の変化に気づき、それから3年、追いかけました。シュートがフォームのバランスを生んだのか、フォームのバランスが良くなって、シュートを覚えたのか、どちらが先かはわかりません。あのボールがあるから、今もメジャーで投げられているわけです。

 彼にとっては大きな転換期になったのでしょうね。

 このように、スカウティング活動のなかでは、ボールやフォーム、その原因となるものを細かく観ていかないといけません。

 成績を残しているから観に行くのではなく、投げているボールが通用するのか、しないのか。そして、なぜ、勝っているのか、どんなふうにアウトを取っているのかを分析していきます。

スポンサードリンク

1 2 3

shiro





@