データやコラム、多角的な視点で野球の魅力を発信!ベースボールチャンネル(BaseBall Channel)




「投げたいところに投げることができた」後半戦への期待が膨らむ田中の快投114球

前半戦最後の試合で今季最多の114球、7回2/3を2安打2失点に封じる好投を見せた田中。そのピッチングに称賛の声が集まっている。

2015/07/10

text By

photo

Getty Images

タグ: , , , ,



at Yankee Stadium on July 9, 2015 in the Bronx borough of New York City.

圧倒的なピッチングで1カ月ぶりの白星

 現地9日、ヤンキースの田中将大は本拠地ヤンキースタジアムでのアスレチックス戦に先発。前半戦最後となる登板で7回2/3を被安打2、6奪三振1与四球2失点に抑える好投を見せた。メジャーリーグ公式サイト『MLB.com』は「一流の潜在能力を持つ田中がブロンクスに戻ってきた」とそのピッチングを報じている。

 初回は3打者をそれぞれレフトフライ、ピッチャーゴロ、ショートへのポップフライに打ち取る完璧な出来。前回の登板後、投手コーチに苦言を呈され、本人も課題に挙げた立ち上がりの投球を危なげなく終えた。

 続く2回にはビリー・バトラー、マーク・カナの2本の二塁打などで2点を失うも、乱れたのはその回が唯一。以降7回2死まで許した走者は4回に振り逃げで出塁したバトラーのみ、19打者連続で凡退に打ち取る支配的な投球を見せ、6月9日のナショナルズ戦以来、1カ月ぶりとなる白星を手にした。

 過去3試合は防御率7.88と大きく崩れた田中だがこの日は昨シーズン序盤を彷彿とさせる完璧なピッチング。田中は試合後、自身のピッチングへの手応えを以下のように語った。

“More than anything, I think [the difference] was the command of my pitches. I was able to execute pitches, and they were going where I wanted them to go,” Tanaka said through a translator. “I think I was, overall, able to pitch well. The ball was coming out of my hand pretty good.”
「これまでの登板との最大の違いはコマンドですね。投げたいところに投げることができました」と田中は通訳を通して語った。「全体的には良いピッチングができたと思っています。なかなか良い球が投げられました」

スポンサードリンク

1 2

shiro





@