データやコラム、多角的な視点で野球の魅力を発信!ベースボールチャンネル(BaseBall Channel)




数年後にはMLB初の女子選手誕生も!? 16歳メリッサ・メイユーが女性初のMLB国際登録リストへ

16歳のフランス人遊撃手メリッサ・メイユーが女性としては初めてMLBの国際登録リスト入りを果たした。女性初のMLB傘下チームとの契約やWBCフランス代表選出などその将来にかかる期待は大きい。

2015/06/25

text By

photo

Getty Images

タグ: , , ,



Baltimore Orioles v Toronto Blue Jays

女性初のMLB国際登録リスト入り

 漫画「野球の詩」で有名な水原勇気の誕生からちょうど40年目の2015年、海の向こうフランスで女性初のMLB選手誕生の可能性が生まれた。

 現地22日、MLB公式サイト『MLB.com』は16歳のフランス人遊撃手メリッサ・メイユーがMLBの国際登録リスト入りしたことを発表。これによってメイユーは7月2日以降、各球団との契約資格が与えられ、将来的には女性初のメジャーリーガーとなる可能性もある。
『MLB.com』をはじめとする数々のスポーツメディア他、世界有数の経済紙である『Forbes』の電子版でも取り上げられるなど、アメリカではこの快挙が大きな話題を呼んでいる。

 現在はフランスのU-18ナショナルチームで遊撃手としてプレーしているメイユー。MLBの国際育成部長マイク・マクレランは『MLB.com』の特集記事中で過去2年間見てきた彼女のプレーの印象を以下のように語っている。

“She’s a legitimate shortstop who makes all the plays and is very smooth and fluid in the field,” he said. “She swings the bat really well and is fearless.”
「メイユーは全てのアウトを取り、フィールド上でスムーズかつ流れるように動ける正当なショートストップです。非常に巧くバットを振り、そして恐れ知らずです」

 遊撃手に求められる守備での軽快さに加え、19歳のドミニカ人投手と対戦した際に、同世代の水準を遥かに上回る91mph(146km/h)の速球をセンターに巧みに弾き返したエピソードを挙げて、そのボールに向かっていく姿勢を高く評価している。

 フランスという野球の盛んでない地域でメイユーが野球に興味を持ったのは家の近くに野球場があったことがきっかけだという。

 現在もフランスナショナルチームでプレーする兄のディランの影響で3歳から野球を始めるとめきめきと上達、U-18ソフトボールやU-15野球など数々のフランス代表チームに選ばれてきた。

 男子の中に女子1人という環境でプレーすることも多かったが、「これまで男子の中で育ってきた、小さいころからお互いに知っているから」として何も問題はなかったと振り返る。

 14歳だった2012年には休暇を利用して来日すると、女子野球部の名門である尚美学園大学の練習に参加するなど日本野球を満喫。171cmの長身と豪快なフォームから120km/hを超える速球を投げ込む野球少女はバラエティー番組「笑ってこらえて」で特集されるなど当時大きな話題を呼んだ。

スポンサードリンク

1 2

shiro





@