データやコラム、多角的な視点で野球の魅力を発信!ベースボールチャンネル(BaseBall Channel)




青木、好守備で勝利に貢献|10月3日MLBクイックニュース

2014/10/03

text By

タグ: , , ,



アリーグ地区シリーズ1戦目

●ロサンゼルス・エンゼルス2-3○カンザスシティ・ロイヤルズ

カンザスシティ・ロイヤルズは延長12回のワイルドカードゲームを制して中1日でロサンゼルスに乗り込んだ。
先発はエンゼルスがウィーバー、ロイヤルズがバルガス。

3回表にロイヤルズは、エスコバーがタイムリー二塁打で先制するが、その裏、イアネッタのソロホームランでエンゼルスがすぐに追いつく。

5回裏、ロイヤルズはインファンテの犠飛で1点リード、しかしその裏にまたフリースがソロホームランで同点。
試合はこのまま膠着状態で延長戦に入るが11回表、ロイヤルズ、ムスタカスが決勝のソロホームランで勝ち越した。

青木宣親は2番右翼で先発。1回一死から中前打で出るがウィーバーの牽制でアウトになる。
二打席目は遊ゴロ、三打席目は空振り三振、四打席目は左飛、五打席目は中飛の5打数1安打。

6回裏は、3つのアウトすべてが青木へのフライ。中でも3アウト目は二死一二塁でケンドリックが右中間への大飛球。
中堅のロレンツォ・ケインとボールを追いかけ、塀際で好捕。

7回裏も二死三塁で、クロンの当たりは右へ大きく切れる大飛球。これも青木はフェンス際でダイビングキャッチ。
いずれの打球も捕れなければ確実に得点が入っていたケース。青木の好守備がチームを救った。
チームは過酷な戦いの中で一つになりつつある。

スポンサードリンク

shiro





@