データやコラム、多角的な視点で野球の魅力を発信!ベースボールチャンネル(BaseBall Channel)




野茂英雄の元女房役、次なる野望はオーナー? 名門サッカークラブ・パルマ買収に興味

1995年に野茂英雄がメジャーリーグに挑戦した際、女房役だった強打のキャッチャー、マイク・ピアッツァがイタリアのプロサッカーチームの買収に強い興味を示している。その背景にはイタリアへの強い愛情がある。

2015/06/05

text By

photo

Getty Images

タグ: , , , ,



Baltimore Orioles v Toronto Blue Jays

第2の祖国への想い

 1995年に野茂英雄がメジャーリーグに挑戦した際、女房役だった強打のキャッチャーを覚えているだろうか。

 MLB通算本塁打数427は、捕手として最多(晩年はDH、一塁手を務めた)。口ひげがトレードマークであったマイク・ピアッツァである。野茂の荒れ球やフォークボールを必死にキャッチングする献身的な姿は、日本国内で何度も放映され、日本企業のCMにも登場するなど、一躍お茶の間でもお馴染みの選手となった。

 スーパースターとして日本人からも愛されたピアッツァのルーツは、イタリアにある(父親の祖父がイタリアからアメリカに移住)。それ故に、イタリアに対する愛情は人一倍強い。

 2006年のWBC(ワールド・ベースボール・クラシック)では、イタリア代表として出場。現役引退後の2009年と2013年のWBCでもイタリア代表のコーチを務めた。第2の祖国とも言えるイタリアで、野球文化の伝道師として積極的に活動している。

 そんなピアッツァが、先日イタリアの名門プロサッカークラブ、パルマの買収に興味があると認めた。

 パルマは、創設1913年と非常に歴史と伝統のあるクラブで今年3月財政難により裁判所から破産宣告を受けた。
 負債総額は200億円を超えるとも言われており、現在は選手やクラブのスタッフ達に対する給料も未払いの状態。早急に新たなオーナーやスポンサーを探さねばならない状況に陥っている。

 スポーツメディアのNESNによると、パルマは近々オークションにかけられる予定で入札は最低でも1000万ユーロ(約14億円)は必要とのこと。ただ、実際に新たなオーナーとしてクラブを運営するには7400万ユーロ(約103億円)程度は必要と見られている。

スポンサードリンク

1 2

shiro





@