データやコラム、多角的な視点で野球の魅力を発信!ベースボールチャンネル(BaseBall Channel)




2014レギュラーシーズン最終日、別れのドラマあり、大記録あり 9/29MLBクイックニュース

2014/09/29

text By

タグ: , , , ,



この日、1デープレーオフが決まる可能性があったのは次の3つの地区。

・アリーグ中地区

○デトロイト・タイガース3-0●ミネソタ・ツインズ

●シカゴ・ホワイトソックス4-6○カンザスシティ・ロイヤルズ

上記の結果、タイガースの優勝が決定、ロイヤルズはワイルドカードの枠に入った。
ロイヤルズの青木宣親は2番右翼で先発、一打席目は送りバントが一塁飛球となり失敗、二打席目は中前打、三打席目も左前打、このタイミングでタイガースが勝って優勝の可能性がなくなったため交代となった。3打数2安打で打率.285

ホワイトソックスのポール・コネルコはこの試合を最後に引退。
18年2340安打439本塁打1412打点の偉大な記録を残してキャリアを終える。

・アリーグ西地区

●テキサス・レンジャーズ0-4○オークランド・アスレチックス

●シアトル・マリナーズ1-4○ロサンゼルス・エンゼルス

この結果、アスレチックスのワイルドカードが決定、マリナーズは敗退となった。

・ナリーグ中地区

●シンシナティ・レッズ1-4○ピッツバーグ・パイレーツ

●アリゾナ・ダイアモンドバックス0-1○セントルイス・カーディナルス

カーディナルスが優勝、パイレーツのワイルドカードが決定した。
結局、1デープレーオフは行われなかった。

●トロント・ブルージェイズ0-1○ボルチモア・オリオールズ

ブルージェイズの川﨑宗則は6番三塁で先発。一打席目は二ゴロ、二打席目中直、7回で退いた。2打数無安打、打率は.258

●ボストン・レッドソックス5-9○ニューヨーク・ヤンキース

イチローは昨日に続いて1番右翼で先発。一打席目は二ゴロ、二打席目は打者二人を置いて右三塁打、2打点。そしてジーターのタイムリー遊撃強襲安打で生還した。これがジーターの最後の打席。三打席目は二ゴロ。5回で退いた。
3打数1安打2打点で打率は.284。

デレク・ジーターは二番DHで先発。一打席目は遊直、二打席目は前述のとおり遊撃内野安打。最後の打席で打点をあげた。一塁に達したところで、ブライアン・マッキャンが代走に出て、交代。

ワシントン・ナショナルズのジョーダン・ジマーマンがノーヒットノーランを記録。1失策、1四球。わずか104球での快挙だった。

明日は試合はなく、明後日10月1日からワイルドカードゲームが行われる。

10月1日がカンザスシティ・ロイヤルズ対オークランド・アスレチックス
先発はロイヤルズがシールズ、アスレチックスがレスター。

翌10月2日がピッツバーグ・パイレーツ対サンフランシスコ・ジャイアンツ
先発はパイレーツがボルケス、ジャイアンツがバムガーナー。

いずれも1試合だけの決戦だ。

スポンサードリンク

shiro





@