データやコラム、多角的な視点で野球の魅力を発信!ベースボールチャンネル(BaseBall Channel)




ネット上では「えっ、イチローが新監督?」 ”常識外れ”のマーリンズGMの監督就任劇

イチローの所属するマイアミ・マーリンズのレドモンド監督が日曜の試合終了後、解任され、翌日、新監督にGMだったジェニングス氏の就任が発表された。新監督発表まで、記者の一人のツイッターでのつぶやきをきっかけに、イチローに関するジョークが一気に広まった。

2015/05/19

text By

photo

Getty Images

タグ: , , , ,



イチロー会見

突然の発表

 あまりにも突然だった。週末、本拠地で対ブレーブスの3連戦、このシリーズをスイープされた日曜の試合直後、球団の野球経営社長マイケル・ヒル氏(彼は今年1月、イチローの契約と記者会見の時に来日した球団代表のひとり)が会見し、レドモンド監督とベンチ・コーチのロブ・レアリー氏の解任を発表した。

 理由は、高額の契約を交わしたにもかかわらず、16勝22敗という悪成績で不調低迷している球団に「新しい声」を入れるためということである。

“We haven’t played to our capabilities,” Hill said. “We’re hopeful that a new voice will spark and motivate our guys.”
ヒル氏は語った。「マーリンズは持っている実力を出し切れていない。『新しい声』が選手たちに気合を入れ彼らを動機づけてくれることを望んでいる。」

 メジャーリーグで実際に監督を解任するのは球団のオーナーである。日曜のデーゲーム、マーリンズのオーナー、ジェフリー・ロリア氏はホームプレートのすぐ後ろの特等席で試合を観戦していた。この日のマーリンズは大敗、しかも9回あとひとりという時点までアトランタのシェルビー・ミラー投手にノーヒット・ノーランに抑えられていた。実はこの屈辱ムードの中、ロリア・オーナーは4回裏ですでに席を離れ姿を消していた。そして試合直後、監督解任の発表があったのである。

スポンサードリンク

1 2

shiro





@