データやコラム、多角的な視点で野球の魅力を発信!ベースボールチャンネル(BaseBall Channel)




イチロー、青木、ともに二塁打1本 9/24MLBクイックニュース

2014/09/20

text By

タグ:



●ニューヨーク・ヤンキース4-5○ボルチモア・オリオールズ

ヤンキースのイチローは、8番右翼で先発。一打席目はピッチャーへのライナー、これはオリオールズの先発・ヒメネスに好捕される。二打席目は右翼線への二塁打、しかしホームは踏めなかった。三打席目は空振り三振、四打席目は遊ゴロに終わった。4打数1安打で打率は.285。シーズン100安打まであと2本だ。

●クリーブランド・インディアンス0-7○カンザスシティ・ロイヤルズ

ロイヤルズの青木宣親は2番右翼で先発。一打席目は先発・サラザーのチェンジアップを空振り三振、二打席目は二死から154km/hの速球を左翼へ二塁打、しかし生還できず。三打席目は左翼へのライナー、四打席目はリーへの投ゴロ。七回の守備からダイソンと交代した。4打数1安打で打率は.284。シーズン100安打まであと2本。

チームはインディアンスに連勝、しかしタイガースも勝ったのでゲーム差1は変わらず。ワイルドカード争いではアスレチックスと並んだ。マリナーズは今日負けたので3差。

○ワシントン・ナショナルズ4-2●ニューヨーク・メッツ

メッツの松坂大輔は2-4の2点ビハインドで迎えた8回裏二死から登板。ウィルソン・ラモスを4球で三振に仕留めた。速球は150km/h。33試合3勝3敗1セーブ、防御率は3.98。

○トロント・ブルージェイズ10-2●シアトル・マリナーズ

ブルージェイズの川﨑宗則は5番三塁、日本でいえばクリーンナップトリオで出場。一打席目はフェリックス・ヘルナンデスに空振り三振、二打席目は中飛、三打席目は1死二、三塁で二ゴロ、打点1を稼いだ。その後、さらにジョシュ・トーレのタイムリーで本塁を踏んだ。四打席目はラミレスから死球、五打席目は二ゴロ。9回から二塁を守った。

4打数0安打1打点、打率は.261。マリナーズはエースのフェルナンデスがまさからの乱調で4連敗。ワイルドカード争いから後退した。

●ボストン・レッドソックス2-6○タンパベイ・レイズ

レッドソックスの田沢純一が3番手で8回二死から登板、ウィル・マイヤーズを1球で左飛に打ち取った。カーブだった。これで71試合に登板、4勝3敗防御率3.86。
上原浩治は登板なし。

スポンサードリンク

shiro





@