データやコラム、多角的な視点で野球の魅力を発信!ベースボールチャンネル(BaseBall Channel)




メジャーで失敗した日本人選手など一人もいない!自分自身の〝ありのまま〟の姿を見せろ【川﨑宗則、単独インタビュー④】

2014年はトロント・ブルージェイズで82試合に出場、プレーだけでなく、そのキャラクターもファンやチームメイトから愛された川﨑宗則。海をわたって3年間、メジャーでプレーして川﨑は何を感じたのか。日本とアメリカの野球の違いはあるのか? そして国内が注目している2015年の所属先について、そのビジョンはいかに……。自主トレ中の本人に直撃インタビューを行った。最終回は、メジャーでも注目された川﨑流コミュニケーション術についてだ。

2015/01/07

text By

photo

baseballchannnel

タグ: , , ,



DSCN0195

みんな自分が好きなのだから、それをさらけ出せばいい!

――英語がわからないときは周りの選手に聞いたり、辞書で調べたりしますか?

川﨑 そういう時もありますね。こういう時なんて言えばいいのとか聞くこともあるし、極力英語を喋るんではなく、その人間との空気を楽しむ、空気を喋る。空気感を楽しむぐらいでいったほうが、僕はあっていると思う。とは言いつつも喋りたくはなるし、伝えてたくもなるので、やっぱり自然と勉強はしていますね。自分で意識的にはあまりしないですけどね。

――技術はもちろん、野球人として自分の存在をアピールすることは重要かと思うが、そのあたりは常に意識していますか?

川﨑 してないですよ。僕はこんなにメディアに取り上げられるのも好きじゃないし、勝手に取り上げられてみんなにワーワー言われているけれど、本質は全然違うし、みんなが思っている僕ではないのは確かだし。メディアに出ているのはメディアの人たちが楽しく作っているだけ。プラス思考と言われる僕だってめっちゃ落ち込む時もあるし、意識なんかして生きてないですよ。意識していることなど特にない。適当ですよ。

――その自然の姿がファンからも支持されているわけですが、川﨑流コミュニケーション術とは?

川﨑 一番は、自分が楽しむこと。自己中心的に考えることですよ。言い方は悪いですが、気を遣うってことは相手も気を遣うんですよ。でも気を遣わないといけない場面はある、そういう時はわかりますから。ただ後輩に気を遣ったら、後輩にも気を遣わせる。だからあまり気を遣わない。大先輩がいたら、やっぱり気を遣うのは当然ですからね。ただ後輩、同級生には気を遣わない。そういう風なスタイルでいったほうがいいと思います。みんなコミュニケーションがどうこうって盛り上がって言っていますが、コミュニケーションなんてどうでもいいですよ。自分が好きか嫌いか、それだけです。みんな自分のことが好きなんだから、それをさらけ出せばいいんですよ。まあ嫌がられるかもしれないけど、別にそれはそれでいいじゃないですか。ありのままの姿で!

――華麗でしなやかなムネダンスも人気でした。練習するんですか?

川﨑 練習なんかするわけないですよ。自然と出てくる鹿児島の動きです。ダンスもウェイトトレーニング施設で、鏡があったら踊りたくなるじゃないですか。まあそれ僕だけかもしれないけど……トレーニングをしながら、休んでいる時に軽くダンスを。ミュージックをかけるのが大好きだから、音楽をかけながらのっているんですよ。

スポンサードリンク

1 2

shiro





@