データやコラム、多角的な視点で野球の魅力を発信!ベースボールチャンネル(BaseBall Channel)




2014年も2015年も〝宗〟の1年。自主トレは全力PLAYで!【川﨑宗則、単独インタビュー①】

2014年はトロント・ブルージェイズで82試合に出場、プレーだけでなく、そのキャラクターもファンやチームメイトから愛された川﨑宗則。海をわたって3年間、メジャーでプレーして川﨑は何を感じたのか。日本とアメリカの野球の違いはあるのか? そして国内が注目している2015年の所属先について、そのビジョンはいかに……。自主トレ中の本人に直撃インタビューを行った。1回目は、2014年を振り返りつつ、2015年に向けた準備について伺った。

2015/01/03

text By

photo

baseballchannnel

タグ: , , ,



DSCN0195

自主トレの〝Play〟の中で感覚を磨いて閃かせる

――まずメジャー3年目を振り返って、どんな1年でしたか?

川﨑 2014年もすごくエキサイティングな年でしたよ。毎年充実していますが、3年目もまたすごく充実していました。

――現時点(編集部注:取材日は2014年12月27日)では、移籍先が決まっていません。2015年はどんな1年にしたいですか?

川﨑 2015年も、とにかく2014年以上に毎日楽しくやりたいですよ。まあ曖昧な感じなんですけど、その曖昧さがいいかなと。2015年もその曖昧な楽しさで、曖昧で行こうかなと。

――メジャー3年目を漢字1文字で表現してみてください。

川﨑 〝宗〟ですよね。

――それでは、同じく2015年はどうですか?

川﨑 来年こそは、〝宗〟ですよね。2014年も2015年も〝宗〟ですね。〝宗〟そして〝宗〟ですね。なぜかといえば、それは僕の名前っていうことですね。

――自主トレの中で意識している点は?

川﨑 自主トレは、とにかく思いっきり全力PLAYを心がけていますね。PLAYというのは、PLAY STATIONの〝PLAY〟です。つまり全力で遊ぶっていう意味です。ボールとバットと体と遊ぶ感覚ですね。

――本来右投げ左打ちですが、今日の練習では右で打って、左で投げる練習をしていました。

川﨑 オフのトレーニングでよくやるんですよ。いつも右で投げたり左で打っているんですけど、逆にやることによって脳みそにいいんですよ。そして右のいろんな使い方をすると体のバランスもとれるし、逆だといままでわからないことがわかったりボールの見え方とかも違っていて、すごくいい練習になりますね。3年前ぐらいからやっています。

――今日は、5、6人で練習していましたね。

川﨑 今日みたいにいろんな選手が来て、手伝ってくれたり、一緒に練習してくれると楽しいし、野球っていうスポーツは一人じゃなかなかできない。ああやって普段と逆を使ってボールを捕る練習とかして、どんどん感覚を磨きながら閃くことができればいいなと。そのためにはグラウンドに出ていかないと閃かないと思うんで、とにかくグラウンドに出て遊ぶ、そういうことを意識しています。

スポンサードリンク

1 2

shiro





@