データやコラム、多角的な視点で野球の魅力を発信!ベースボールチャンネル(BaseBall Channel)




【MLB】ダルビッシュにも好影響? 地区優勝へ、正捕手と精神的支柱を獲得したレンジャーズ

2年連続地区優勝に向けて、テキサス・レンジャーズは2件の大型トレードを成立させ、2人の選手が加入した。この2人の存在はエース・ダルビッシュに好影響をもたらしそうだ。

2016/08/11

text By

photo

Getty Images

タグ: , , , , , , , ,



darvish2016

トレード期限ぎりぎりで2件の大型トレードが成立

 ダルビッシュが所属するテキサス・レンジャーズは、現在アリーグ西地区の首位を快走中。ダルビッシュ自身も8月7日(日本時間8日)のアストロズ戦に先発。白星こそつかなかったものの7回5安打8奪三振無失点と好投した。

 レンジャーズはオールスター前まで54勝36敗と快調なペースで飛ばしていたが、7月に入るとやや足踏み。そこでダニエルズGMはノンウェーバートレードの期限である8月1日に、2件の大型トレードを成立させ弱点を補強。2年連続地区優勝に向け、一気に勝負をかけてきた。

 このトレードでレンジャーズは、捕手ジョナサン・ルクロイと、強打のスイッチヒッターであるカルロス・ベルトランを獲得。

 なかでもルクロイは、多くの球団からトレードのオファーがあった『人気銘柄』。堅実な守備と確かなコミュニケーション能力で、投手陣からの信頼は厚い。待ちわびた恋人を得たレンジャーズは、早速ルクロイを正捕手に抜擢。前述のダルビッシュの好投に繋がった。

ダルビッシュも I just trusted him, it worked well, so maybe I should start throwing more. (彼を信じただけ。いい感じだったので、もっと使ってみるといいかもしれない)と振り返ったように、新たな女房役とのコンビネーションに満足しているようだ。

スポンサードリンク

1 2

shiro





@