データやコラム、多角的な視点で野球の魅力を発信!ベースボールチャンネル(BaseBall Channel)




【MLB】カープのチームメイトも評価。ドジャース前田の打撃力は、ナリーグ投手成功の重要なポイント

ドジャース前田健太がバットでもアピールしたことは今後、自身のチーム内での立場をより有利なものにするだろう。

2016/04/08

text By

photo

Getty Images

タグ: , , , , , , , , , , , ,



Los Angeles Dodgers v San Diego Padres

投手が打席で結果を残す意味

 芸は身を助ける。ドジャース・前田健太のデビュー戦ホームランはそれを証明した。

 開幕3戦目となる6日の敵地でのパドレス戦に初先発。4回の第2打席で左翼ポール際への本塁打を放ち、自らのバットで追加点を挙げ勢い付いた。
 すいすいと6回を無四球で無失点。クオリティースタートで初登板初白星を手にした。

「打った瞬間は入るとは思わなかった。無失点で勝てたこともうれしいし、ここに来て良かったと思いました」

 試合後のヒーローインタビューでも言葉が弾んだ。
 前田はどこかオマケのように振り返ったが、実はバッティングはDH制がなく投手が打席に立つナリーグにおいて、投手が成功する上で重要なポイントだ。

 打撃のいい投手は、この日の前田のように自らを援護できるだけに留まらず、チームから重宝される。
 均衡した試合の中盤に、チャンスで打席が回ってきても代打を送られるケースは減り、結果的に長いイニングを投げ抜くこともできる。

 ずば抜けた打撃力を持つ投手ならば、貧打の投手の打席で代打起用されることも珍しくない。

 メジャーの延長戦はイニングが無制限のため、代走起用や、ケガ人が出てベンチの野手が足りない非常時には、外野手などでの野手起用さえある。

「打席ではいつでも打ってやろうと思っている」

 試合後の会見でそう気色ばんだ通り、前田はバッティングに自信を持っているし、周囲からも高く評価されてきた。

スポンサードリンク

1 2

shiro





@