データやコラム、多角的な視点で野球の魅力を発信!ベースボールチャンネル(BaseBall Channel)




【MLB】ヤンキース田中に朗報? 「3カ月で回復し、良い準備ができた」同手術を受けたチームメイトのリハビリ経過は良好

まもなくメジャーリーグもキャンプインとなる。手術明けの田中将大がどのような調整を見せるのか注目が集まるが、同じ手術を受けたチームメイトは順調な回復を見せている。

2016/02/18

text By

photo

Getty Images

タグ: , , , , , ,



mtanaka_logo

6月に同手術を受けたリンドグレンは完全復活

 ニューヨークヤンキースに所属するジェイコブ・リンドグレンは骨片の除去手術の手術を受けた。同年シーズンオフに田中将大も同じ手術を行っている。

 キャンプイン間近となり、リンドグレンの状態を知ることでヤンキースのエースがどのような状態でキャンプを迎えることになるのか予想ができるのではないかと、『ニューヨーク・デイリー・ニュース』のアンソニー・マキャロン記者は綴っている。

 リンドグレンは100%の状態であること、そして手術の影響がないことを語っている。

“Doing great, arm’s feeling great. Just getting ready for spring training and hoping to make a good showing.”
「状態は良く、肘の調子も問題ない。今はキャンプに向けて準備し、良い状態を見せることができればと思っている」

 来月で23歳を迎えるリンドグレンは2014年ドラフト2巡目の全体55位指名を受け、ヤンキースに入団。2015年シーズンはメジャーで7登板し、防御率5.14をマークした。アロルディス・チャップマンを獲得し、さらに強力なブルペンとなったが、ミラー、そしてベタンセスの前のにはまだ空きがあり、その1つを埋める候補にリンドグレンはなるだろうと予想される。

スポンサードリンク

1 2

shiro





@