データやコラム、多角的な視点で野球の魅力を発信!ベースボールチャンネル(BaseBall Channel)




キャンプ招待選手のカブス・川崎、マートン、開幕メジャーへ残り2枠を懸けた戦い

カブスのスプリング・トレーニングに、40人ロースターにいる選手に加え、川崎宗則やマット・マートンら19人が、キャンプ招待選手として参加する(2月7日時点)。

2016/02/08

text By

photo

Getty Images

タグ: , , , , , ,



Toronto Blue Jays v Detroit Tigers

開幕メジャーを懸けたし烈な争い

 カブスでは、40人ロースターにいる選手に加え、川崎宗則やマット・マートンら19人が、ノン・ロースター・インバイティー(キャンプ招待選手)としてスプリング・トレーニングに参加する(2月7日時点)。計59人のうち、開幕をメジャーで迎えるのは25人だ。

 昨シーズン、カブスの開幕ロースターは投手12人と野手13人で構成されていた。今シーズンもこれが大きく変わることはなく、捕手3人、内野手6人、外野手4人の内訳が1人ずつ増減する程度だと思われる。

 野手13枠中、レギュラー8人はすでに決まっている。ミゲル・モンテロがマスクをかぶり、内野は左回りにアンソニー・リゾー、ベン・ゾブリスト、アディソン・ラッセル、クリス・ブライアント、外野は右からホルヘ・ソレーア、ジェイソン・ヘイワード、カイル・シュワーバーだ。

 控え捕手としてデビッド・ロスが入ることもまず間違いない。開幕ロースターに捕手は2人だろう。シュワーバーも捕手を務められるので、3人目は必要ない。

 野手の枠はあと4つ。内外野を守るゾブリストがいることもあって、内野手と外野手の各人数は不透明だ。

 それに対し、ロスを含めた9人を除くと、野手は18人が残る。ただ、そこには捕手が3人いる。また、プロスペクトが開幕ロースターに入る可能性も低い。レギュラー固定の状況でベンチを温めさせるより、マイナーで試合に出場させたほうがいいという判断だ。

 従って、控え野手の4枠を争うのは11~12人か。まず、2枠はクリス・コグランとハビア・バイエズが占めるだろう。

 2009年に新人王を受賞したコグランは、昨シーズン、外野両翼と遊撃以外の内野を守って119試合に先発出場し、16本塁打と11盗塁、出塁率.341を記録した。

 バイエズは2011年のドラフト全体9位。昨シーズンは大半をAAAで過ごしたものの、リーグ・チャンピオンシップ・シリーズでは故障のラッセルに代わり、4試合とも遊撃手として先発した。彼にはトレードの噂もあるが、出場機会を増やすため、この冬は母国プエルトリコのウィンター・リーグで外野守備に挑戦した。

 となると、川崎もマートンも、最後の2枠を争うことになる。

スポンサードリンク

1 2