データやコラム、多角的な視点で野球の魅力を発信!ベースボールチャンネル(BaseBall Channel)




【MLB】3年目の田中、開幕投手は既定路線。真のエースへ乗り越えるべき二つの課題

米の著名コラムニストが皮肉たっぷりに田中の課題をあげている。当然、田中自身もその点を認識している。

2016/02/03

text By

photo

Getty Images

タグ: , , , , , , , , , , , , , ,



mtanaka_logo

著名コラムニストの格付け

「ヤンキースの本当のエースは誰だ? おそらく1億5500万ドルの男ではない」

 日本のファンには挑発的な見出しが躍った。31日付で更新されたニューヨーク・ポスト紙。著名コラムニストのケン・デビッドオフ氏による寄稿だ。

 1億5500万ドルの男とは、当然その金額で7年契約を結んだ田中将大を指す。結論を先んじれば、同氏による格付けはこうだ。

 1 ルイス・セベリーノ
 2 田中 将大
 3 ネーサン・イオバルディ
 4 マイケル・ピネダ
 5 CC・サバシア
 6 イバン・ノバ
 7 タイソン・ロス(パドレス所属。トレード獲得の可能性をにらみ)
 8 ジェームズ・カプリエリアン(昨年のドラフト1巡目指名)
 9 アロルディス・チャプマン

 ちなみに同氏は、昨年のキャンプ直前2月16日に寄稿した同様のコラムへのリンクも掲載。1年前の格付けは以下の通りだった。

 1 田中 将大
 2 マイケル・ピネダ
 3 ネーサン・イオバルディ
 4 ジョニー・クエト(当時レッズ。トレード獲得の噂が絶えず)
 5 イバン・ノバ
 6 CC・サバシア
 7 ルイス・セベリーノ
 8 クリス・カプアーノ
 9 アダム・ウォーレン
 10 アンディ・ペティット(当時すでに引退済み)

 田中は昨年10月に右肘の手術を受けたが、それは楽天時代からある骨片除去という軽度のクリーニング手術。12月上旬にはキャッチボールを再開させ、2月19日のキャンプインには十分間に合う見込みだ。

【次ページ】開幕投手は既定路線

スポンサードリンク

1 2 3

shiro





@