データやコラム、多角的な視点で野球の魅力を発信!ベースボールチャンネル(BaseBall Channel)




【上原浩治インタビュー#3】スプリットは僕の武器。コントロールがさらに良くなればもっと面白くなる

いよいよ2016年を迎えた。昨年はシーズン途中で怪我のため離脱したものの、ボストン・レッドソックスの守護神として活躍した上原浩治選手。当サイトでは年末年始、4回にわたりインタビューを掲載する。第3回目は強敵揃いのMLB選手をどう打ち取るのか、上原流投球術に迫った。

2016/01/02

text By

photo

Getty Images

タグ: , , , , ,



admin-ajax1228-2

すごい選手ばかりのMLB。危機感は常にある

――マウンドに行くまでの間、上がる瞬間までの、気持ちというのはどのようなものでしょうか?よくマウンドしか見えないというのを聞きます。

上原 僕はそんなことはないですね。結構、ブルペンからマウンドまで距離があるので、周りを見ながら向かいますよ。

――初めての時はいかがでしょうか?

上原 あの時は先発だったので、ベンチからだったし状況は違います。相手がヤンキースで松井(秀喜)さんがいました。違うユニフォームを着て対戦しているというのは、違和感がありましたけど。

――やはり、先発ではないということになって危機感はかなりでてきたのでしょうか。

上原 危機感は常に持っていますよ。それは今でも変わらないですね。

――斎藤隆さんに『自分が通用したと感じた瞬間は?』と尋ねたことがあります。「ない」と仰られていました。どうしても通用しない相手がいるので、そう思える瞬間がないということでした。

上原 10人いて10人を抑えれば自信がつくでしょうけど、100%抑えられることはないですから……。

――この選手は苦手と思う選手はいますか?

上原 いっぱいいますよ。ミケル・カブレラ(デトロイト・タイガース)や同地区だったら、どうだろう? 数字的には抑えているけれど、嫌なのはイバン・ロンゴリア(タンパベイ・レイズ)であたりかな。ホセ・バティスタ、エドウィン・エンカーナシオン(ともに、トロント・ブルージェイズ)……、すごいバッターばっかりなんで(笑)

――ロンゴリアはレンジャーズの時に、ポストシーズンでやられた時のことが残っているのでしょうか?

上原 もちろん、それはあります。でも、通算ではそんなに打たれてはいないんですけどね、気になるバッターです。

スポンサーリンク

スポンサードリンク

1 2