データやコラム、多角的な視点で野球の魅力を発信!ベースボールチャンネル(BaseBall Channel)




青木宣親のロイヤルズとジャイアンツは2勝2敗のタイに。|10月26日MLBクイックニュース

2014/10/26

text By

タグ: , , , ,



サンフランシスコでのワールドシリーズ第4戦はジャイアンツが勝って2勝2敗のタイに戻した。

○サンフランシスコ・ジャイアンツ11-4●カンザスシティ・ロイヤルズ1-7

青木宣親は前日に続いてスタメンを外れる。
ジャイアンツの先発は元阪神、オリックスのボーグルソン、ロイヤルズはバーガス。

1回裏、ジャイアンツはハンター・ペンスの三ゴロの間に先制する。

3回表、ロイヤルズはホスマー、インファンテ、ペレスのタイムリーで4点を取って逆転に成功する。
しかし、その裏にポージーのタイムリーが出てジャイアンツは4-2と追い上げる。

5回裏、ジャイアンツはペンスのタイムリーとペレスの犠飛で4-4の同点に追いつくと、6回裏にジャイアンツはサンドバルの2点タイムリー、ベルトのタイムリーが出て7-4と勝ち越す。

ジャイアンツの勢いは止まらない。
続く7回裏にはブランコのタイムリー、パニックの2点二塁打、ペンスのタイムリー二塁打が出て4点を追加。11-4と試合を決めた。

青木宣親は6回無死一塁で投手ダフィの代打で打席に立ったが、1ボールからの2球目を打って一塁ゴロ併殺に終わった。

青木はまだワールドシリーズは無安打。スタメンを外れたままだ。少ないチャンスを確実にものにすることが求められる。

スポンサードリンク

shiro





@