データやコラム、多角的な視点で野球の魅力を発信!ベースボールチャンネル(BaseBall Channel)




【MLB】「メッツは第2の家族」生え抜き12年目で初出場。主将ライトのワールドシリーズへの想い

メッツ生え抜きのライトが12年目にして初のワールドシリーズの舞台を踏んだ。今季は長期欠場もあっただけに、その感動は増幅している。

2015/10/29

text By

photo

Getty Images

タグ: , , , , , ,



2015 World Series Game One: New York Mets v. Kansas City Royals

長期離脱を乗り越えて掴んだ夢の舞台

 2006年以来のポストシーズン進出を果たし、2000年以来のワールドシリーズに駒を進めたメッツ。その主将のデビッド・ライトは、9年前のプレーオフを経験している唯一人のメンバーでもある。

 長年メッツのハート&ソウルだった彼は、メッツ一筋で12年のキャリアを過ごしながら、今季は開幕直後に右ハムストリングを痛め故障者リスト入り。その後脊柱管狭窄症が発覚し、離脱は8月下旬にまでおよんだ。それだけに、ワールドシリーズの舞台を踏むことは感慨もひとしおのようだ。

 そのライトの心理を、『MLB.com』のバリー・ブルーム記者が詳細に報じている。

There was a time this season when he didn’t know how effective he’d be after returning from a more than a four-month absence because of stenosis in his lower back
腰部の狭窄症での4カ月以上にも及ぶ欠場から復帰する際は、(神経の故障だったこともあり)、彼自身もどれだけ活躍できるか懐疑的だったようだ。

 実際ライトは「状態がどの程度良くなっているか、プレーに支障がないか、実はよくわからなかったんだ。だから、もし他に良い選手がいるなら遠慮なく使ってほしいと(テリー・コリンズ監督に)頼んだんだ」と語っている。
 コリンズは「これこそ、キャプテンの態度だよ」とその姿勢を褒めたたえた。

 幸いにして、復帰後のライトはかつての輝きを取り戻した。
 その結果、メッツは2000年以来のワールドシリーズに駒進めるに至った。ライトのデビューは2004年だ。キャリア12年にして初めて「秋の古典劇」の舞台を踏むことになった。

スポンサードリンク

1 2

shiro





@