データやコラム、多角的な視点で野球の魅力を発信!ベースボールチャンネル(BaseBall Channel)




ワールドシリーズは、ロイヤルズが雪辱し1勝1敗、青木宣親は活躍できず。|10月23日MLBクイックニュース

2014/10/23

text By

タグ: , , , , , , ,



本拠地、カウフマン・スタジアムでのワールドシリーズの第2戦、青木宣親が所属するロイヤルズが勝って1勝1敗とした。

○カンザスシティ・ロイヤルズ7-2●サンフランシスコ・ジャイアンツ

ロイヤルズはベンチュラ、ジャイアンツはピービーが先発。
1回表、ジャイアンツは先頭打者のブランコが、8球粘ってベンチュラの156㎞/hの速球を右翼スタンドに叩き込む。
しかしその裏、ロイヤルズはバトラーのタイムリーですぐに同点に追いつく。

さらに2回裏、ロイヤルズはエスコバーのタイムリー二塁打で勝ち越しに成功するが、4回表にジャイアンツはベルトのタイムリー二塁打で2-2の再び同点に。

6回裏、ロイヤルズはバトラーのタイムリー、ペレスの2点二塁打、そしてインファンテの2ラン本塁打が出て一挙5点をあげ、勝負を決めた。結局7-2でジャイアンツを下した。

2番右翼で先発した青木宣親は、一打席目は緩い中飛、二打席目はよい当たりだったが左直、三打席目は中飛、6回の守備からダイソンと交代した。ワールドシリーズ2試合で無安打と当たりが止まっている。

ロイヤルズは初戦の敗戦に引きずられることなく盛り返した。両軍ともに勢いがある。

あさってから敵地サンフランシスコで始まる第3戦以降も熱戦が期待できよう。

スポンサードリンク

shiro





@