データやコラム、多角的な視点で野球の魅力を発信!ベースボールチャンネル(BaseBall Channel)




【MLB】今オフFA・岩隈久志との契約は? 難題山積のマリナーズに新GMが就任

マリナーズに新GMが着任した。今季限りで規約が切れる岩隈久志とは再契約の可能性が高いと見られていたが、新GMの戦略いかんでは、路線変更もあるかもしれない。

2015/10/01

text By

photo

Getty Images

タグ: , , , ,



Seattle Mariners v New York Yankees

大型補強敢行も低迷続く、マリナーズ

 9月18日付の『MLB トレード・ルーモアーズ』(選手の契約や移籍情報に特化したサイト)は、CBSスポーツのコラムニストであるジョン・ヘイマンの記事を紹介し、オフにFAとなるマリナーズ岩隈久志の動向を考察している。

Mariners ownership and those remaining in the front office want Hisashi Iwakuma back, so much so that they told other clubs at the deadline that they wouldn’t even consider trading him, Heyman writes. Iwakuma is keen on returning to Seattle as well, he notes. Of course, a run at Iwakuma would have to align with the thinking of whichever new executive steps into the GM’s chair.
マリナーズの経営陣と、(前GMのザック・ズレンシックが去った後の)フロントオフィスは、岩隈久志と再契約したいと考えている。ヘイマンの記事によると、それゆえ彼らはトレード期限前においても他球団に彼の放出は全く考えていないと伝えていたようだ。岩隈もまた再契約を望んでいるが、もちろん岩隈への対応は新GMの方針によって変わってくることも、彼は記している。

 この記事が報じるように、今季開幕前は大きな期待を集めながら低迷するマリナーズは、新しいGMの元で再出発することになった。

 9月28日、マリナーズは新GMに前エンジェルスGMのジェリー・ディポートが就任すると発表した。同球団のGMの座は、前任のザック・ズレンシックがここ数年の大型補強にもかかわらず低迷を続けていることの責任を問われ、8月末に解雇されてから空位だった。

 ディポートはアート・モレノ・オーナーの支持が厚いマイク・ソーシア監督との軋轢などが原因で、7月初にエンジェルスGMの座を追われていた。

shiro





@