データやコラム、多角的な視点で野球の魅力を発信!ベースボールチャンネル(BaseBall Channel)




いよいよ甲子園開幕・・・地方大会で涙した選手の中にもプロ注目選手は数多く存在

8月6日から第97回全国高等学校野球選手権大会(甲子園)が開催される。各都道府県で頂点をつかんだ高校、ドラフト候補選手が集まるが、惜しくも地方大会で敗れた高校の中にもプロ注目の逸材は数多く存在する。

2015/08/04

text By

タグ: , , ,



172309757

本格派右腕に注目

 夏の甲子園が始まる。新しいヒーローが生まれるだろう。一方で、惜しくもこの聖地でプレーすることができなかった選手の中にもプロに注目された選手が数多い。ドラフトで指名されそうな選手を紹介したい。

 本格派右腕はまず3人。ところが、なんといっても驚かされたのが県岐阜商の高橋純平の故障だろう。選抜でその完成度の高さを示したが、夏は初戦に登板せず。故障は具体的に発表されず、いろんな憶測を呼んだ。後に7月上旬に左足肉離れで全治3週間だったことが判明。大会は中京高校戦にリリーフで1回3分の1を投げただけに終わった。故障ながら144キロを記録するなど素材は実証した。

 日大三島の小澤怜史は2回戦で静岡高校と対戦し敗れたが、152キロを叩きだした。「今年の高校生でこの球速を出せる投手は少ない」とスカウトに言わしめた。大舞台でも見たかった投手だ。

 大分商の森下暢仁は181センチ72キロの均整の取れた体格。別府青山戦で148キロを記録。「高校生では三本の指に入る。低めの制球がいい」と評価されている。決勝の明豊戦も一失点に抑えたものの0対1、あと一つで甲子園を逃した。

 沖縄にはこの二人。中部商の前田佳太は140キロ中盤の速球で初戦から2試合連続完封勝利を挙げた。普天間の與那原大剛投手がブレークした。190センチから148キロを記録し準々決勝まで勝ち上がった。

スポンサードリンク

1 2

shiro





@