データやコラム、多角的な視点で野球の魅力を発信!ベースボールチャンネル(BaseBall Channel)




九州共立大の3年生右腕は大瀬良大地の愛弟子 将来性豊かな岩本喜照

2014年のセリーグ新人王・大瀬良大地(広島)らプロ野球選手をこれまで18人輩出し、リーグ最多の優勝39回を誇る九州屈指の名門・九州共立大学。そこに、将来性豊かな3年生の長身右腕がいる。

2015/08/03

text By

photo

高木遊

タグ: , , , ,



岩本喜照顔写真

プロスカウトも評価する安定感

「長い球持ち、低めに投げきれる制球力、長身を生かした球の角度が良いですね。スピードがもう少しで出てくれば、より面白い素材です」(ロッテ・山森雅文スカウト)

「サイズがあるのにバランスが良く、安定感があるのが魅力ですね。球のリリースまでのロスもないので、体幹など体の強さなどがついてくれば、さらにスピードも出るでしょう」(ソフトバンク・福山龍太郎スカウト)

 九州地区の担当スカウトたちに「楽しみな大学生選手は?」と尋ねると、このように話して九州共立大の3年生右腕・岩本喜照(きしょう)の名を挙げた。
 九州共立大の指揮を執る上原忠監督も「大きい体に加え器用さもある。遊撃手としても上の世界でやれるんじゃないかと思うほどのフィールディングの良さもありますよ」と話す。

 188cmの長身から最速144km/hのストレートに、スライダー、カーブ、スプリットを制球良く投げ込み、3年春までの通算成績は12勝2敗。115回2/3の投球回数に対して四死球が44個と安定感が光る。

静岡から北九州へ

 静岡県掛川市に生まれた岩本は、2007年にセンバツ優勝を果たした常葉菊川高に憧れ、その門を叩いた。1年夏の県大会初登板で完封勝利を果たすと、2年夏には2014年のドラフト1位右腕で当時静清高のエースだった野村亮介(中日)にも投げ勝つなど要所要所では、鮮やかな投球を見せていた。
 だが、結局甲子園の土は1度も踏めず、周囲からも「プロへ行ける素材なのにもったいない」と、その高い潜在能力ゆえの伸び悩みを惜しまれた。
 そして卒業後の進路に悩んだ。もともとプロや社会人に進むことを考えていたが、甲子園に出場できなかったこともあり軌道修正。東都大学リーグの名門ら複数の大学から誘われ、練習参加も数校に足を運んだが、「そこでプレーする実感が湧かなくて」と決めきれずにいた。そんな折に、常葉菊川高の森下和幸監督に勧められて参加したのが九州共立大の練習だった。そしてブルペンで岩本は衝撃を受ける。

 当時の九州共立大は、4年に川満寛弥(ロッテ)、竹下真吾(ヤクルト)、福地元春(DeNA)。3年には大瀬良大地(広島)、狭間正行(Honda熊本/今秋ドラフト候補)ら全国屈指の投手陣を誇っていた。
 その精鋭たちの投球を見た岩本は「ここならプロを目指せる」と迷いを捨て、進学を決めた。

スポンサードリンク

1 2

shiro





@