データやコラム、多角的な視点で野球の魅力を発信!ベースボールチャンネル(BaseBall Channel)




専修大「1部昇格即優勝」は46年ぶりの快挙 勝因は卓越したチームマネジメント

20日、東都大学野球春季リーグ第7週で行われた優勝決定戦となる専修大対拓殖大で専修大が1-0で勝利し、52季ぶり32度目の優勝を決めた。

2015/05/20

text By

photo

高木遊

タグ: , , ,



IMG_3965

亡き父のために掴んだウィニングボール

 チームのまとまりを象徴するかのような最後のワンプレーだった。
 東都大学野球春季リーグ第7週。「勝てば優勝」という状況の中で拓殖大との2回戦に臨んだ専修大。

 初回の1点を3投手の継投で守り抜き、実に26年ぶり(52季ぶり)32度目の優勝を飾った。最後にウィニングボールを掴んだのは、9回2死からの守備で起用された遊撃手の中川龍斗(4年・佼成学園)。父を亡くし、昨日告別式を終えたばかりの中川は優勝の瞬間、号泣。最後は選手全員から胴上げされ「使ってくれた監督と支えてくれた仲間に感謝です」と涙で腫らした目を細め、喜びを語った。

号泣の中川

スポンサードリンク

1 2 3

shiro





@