データやコラム、多角的な視点で野球の魅力を発信!ベースボールチャンネル(BaseBall Channel)




「3番手投手」が46年ぶり偉業達成! 東海大・丸山泰資がリーグ史上2人目の完全試合 

首都大学リーグで快挙だ。首都大学リーグ第4週2回戦 日本体育大対東海大戦で、東海大の丸山泰資が史上2人目、実に46年ぶりの完全試合を達成した。快挙の裏には決して順風満帆な野球人生ではなかったからこそ掴んだ「伝家の宝刀」があった。

2015/05/03

text By

photo

高木遊

タグ: , , , ,



東海大・丸山完全試合達成の瞬間

完全試合達成の瞬間、一気に緊張から開放されたような笑顔を見せた丸山

46年ぶり2人目の大偉業

▽首都大学リーグ第4週2回戦 日本体育大0-5東海大

「7回終わった頃から意識しました。ノーヒットノーランを含め完全試合は初めて。いつもは走者をよく出しながらも抑えるタイプなので、奇跡です」と、東海大の右腕・丸山泰資(3年・東邦)は試合後、満面の笑みを浮かべた。

 大学入学後3度目(今季2度目)となる公式戦の先発で、1969年春に東海大・上田二朗(元阪神、南海)が城西大戦で達成して以来、46年ぶり2人目となる偉業を達成した。堅い守備陣の助けもあったが、わずか94球、8奪三振と文句のつけようのない投球で首都大学リーグ首位を走る東海大に、さらなる弾みをつけた。

「もともと力んじゃうタイプだったのですが、今日は試合前から力みもなく良かったんですよ。でもね、まさかですね」と横井人輝監督も手放しで称賛。

 今秋のドラフト候補にも挙がる右腕・吉田侑樹(4年・東海大仰星)や左腕・中川皓太(4年・山陽)の陰に隠れがちではあったものの、この冬地道に走り込みと投げ込みを行い、最速150キロのストレートと決め球であるスライダーを磨いてきた。

 また、これまでフォームの開きにつながっていたグラブ(左手)の使い方を改善。これまではどうしても力んで左方向に流れてしまっていたが、「しっかりとグラブで前に壁を作るように」(丸山)し、この日も開きを抑えたフォームからキレの良い球をコントロール良く投げ込んだ。

スポンサードリンク

1 2

shiro





@