データやコラム、多角的な視点で野球の魅力を発信!ベースボールチャンネル(BaseBall Channel)




東農大の救世主になるか? 公式戦未勝利のツインタワーにプロスカウトも熱視線【2015年ドラフト隠し玉大学生3】

東都大学2部リーグで4季連続最下位に沈む東京農業大。そこに公式戦未勝利ながらプロ球団スカウトの注目を集める大型右腕2人がいる。彼らはチームの救世主となれるのか。

2015/03/23

text By

photo

高木遊

タグ: , , , , ,



村田、山下(東京農業大)2

(左)村田健(むらた・けん)熊本県合志市出身。ルーテル学院高―東京農業大。185cm78kg.右投右打。(右)山下祐輝(やました・ゆうき)熊本県人吉市出身。人吉高―東京農業大。187cm80kg。右投右打。

最下位脱出のためのチーム改革

 東京農業大の現4年生が入学して以降の3年6季中、2部の最下位は数えること5回。一昨年春から4季連続と最下位に低迷している。

 一方で吉原正平(現ロッテ/投手/2012年度卒)、高木伴(現オリックス/投手/2013年度卒)、陽川尚将(現阪神/内野手/2014年度卒)とここ数年でプロや社会人球界に有望な選手を送り込んでいるのもまた事実であり、チームとして噛み合わない歯痒さを感じる。

 だが、今年のチームには変革の雰囲気がある。鶴谷祥平主将(4年・東農大二高)の提案で、野球面だけでなく、生活管理の徹底を決めた。門限や細かな規則などで、これまであった「4年生だから」という甘えを排除し、最上級生がグラウンド内外でチームを引っ張る。

 課題に挙がっていた投手陣では、安定感のある右腕・幸良諒(4年・興南高)に加え、すでにプロ7球団のスカウトが視察する大型右腕2人がいる。
 公式戦未勝利の村田健(4年・ルーテル学院高)と公式戦の登板さえない山下祐輝(4年・人吉高)という「未完」と評する他ない2人だが、潜在能力に対する評価は高い。

「2人とも体格も良いし、力強いボールを投げるから注目しています」(ロッテ・諸積兼司スカウト)
「村田は練習もよくすると聞きますし、馬力もある。山下はボールが指にしっかりかかった時に、“これは”と思うモノがありますね」(中日・正津英志スカウト)

 ではなぜ彼らは、ここまで燻ってきてしまっているのだろうか。
 

スポンサードリンク

1 2

shiro





@