データやコラム、多角的な視点で野球の魅力を発信!ベースボールチャンネル(BaseBall Channel)




末恐ろしいルーキー・田嶋大樹が社会人デビュー JABA東京スポニチ大会は、富士重工業が優勝で幕を閉じる【横尾弘一「プロにつながる社会人野球」】

3月9日より第70回JABA東京スポニチ大会が行われ、富士重工業が5年ぶり2回目の優勝を果たした。この大会で新たな若手が鮮烈なデビューを遂げた。

2015/03/15

text By

photo

横尾弘一

タグ: , , , , , , ,



表彰式の富士重工業

若手が頭角を現すスポニチ大会

 この大会が始まると、野球ファンも記者にもスイッチが入る。第70回JABA東京スポニチ大会が3月9日に開幕。雨でリーグ戦が1日延びたものの、13日には準決勝と決勝が行なわれ、リーグ戦から5連勝の富士重工業が5年ぶり2回目の優勝を果たした。

 かつては都市対抗、日本選手権と並ぶ「三大大会」と言われ、全国から32チームが出場してトーナメント形式で覇権を争った大会も、社会人野球制度改革の中で他の全国大会とともにJABA大会のひとつとされた。すると、春季キャンプにじっくり時間をかけたいチームは出場を見合わせるようになり、現在では関東を中心に16チームの出場と規模は縮小されている。

 ただ、リーグ戦・決勝トーナメントの形式になったことで、どのチームも最低3試合を戦うことができ、優勝チームには日本選手権への出場権が与えられるという新たな価値観が生まれた。そこで、出場するチームは年明け早々から戦力を固めていくが、大会で浮き彫りになった課題も都市対抗予選までに解消することができるため、順調にシーズンの戦いを続けられるケースが多い。

 さて、そんな大会は若手の成長株がメキメキ頭角を現すことでも知られる。

 今大会でも、山岡泰輔(東京ガス)がJR東海を7安打シャットアウトする快投を披露した。瀬戸内高3年時に18Uワールドカップの日本代表に選出され、東京ガスのルーキーだった昨年は21Uワールドカップの日本代表。世界と戦いながら成長を続ける右腕は、毎回のように走者を背負いながらも粘り強さを発揮してみせた。

 その翌日には、ビッグルーキーがデビューする。佐野日大3年だった昨春の甲子園に出場し、伸びのあるストレートで「ドラフト1位もあるのでは」と高く評価されたものの、プロ志望届を提出せずにJR東日本へ入社した田嶋大樹が先発。「緊張はなかった」というサウスポーは、富士重工業を相手に5回を3安打7奪三振で無失点と文句なしの投球を見せる。まだ正式入社前の18歳であり、富士重工業が優勝したことを考えても恐るべき実力と言っていいだろう。
 そして、栄えある新人賞を手にしたのはHondaの福田大輔だ。栃木から福岡の九州国際大付高へ野球留学し、白鴎大で地元へ帰ってきた本格派右腕は、リーグ戦方式が変更される前の4年春までに通算17勝をマーク。この大会でもJR東海とのリーグ戦第3戦で先発に抜擢されると、140キロ台中盤のストレートに変化球を織り交ぜた投球で1失点完投勝利を挙げ、決勝でも5回途中まで1失点と目立つ活躍を見せた。

スポンサードリンク

1 2

shiro





@