データやコラム、多角的な視点で野球の魅力を発信!ベースボールチャンネル(BaseBall Channel)




中日ドラ1・柳裕也の献身が報われた日。明大・侍ジャパンの主将がつかんだ最初で最後の大学日本一

11月16日、明治神宮大会決勝が行われ、明治大が桜美林大を5対2で破り5年ぶり6度目の優勝を達成。それは同時に、柳裕也(中日ドラフト1位指名)の献身が最高の形で報われた瞬間だった。

2016/11/21

text By

photo

高木遊

タグ: , , , , , , , ,



柳裕也(明治大)明治神宮大

自身初の大学日本一

 これまでの献身が報われた瞬間だった。星知弥(ヤクルト2位指名)が空振り三振を奪い、明治神宮大会優勝が決まると、柳はベンチを飛び出し一目散に星のもとへ向かい、チームメートたちと喜びを分かち合った。

 試合後のインタビューでは「嬉しい気持ちと、明日からこのチームでもう野球ができないんだという寂しい気持ちです」と声を震わせ、人目をはばからず号泣した。

 この4年間で5度のリーグ優勝(ベストナイン3回)、侍ジャパン大学代表では昨年のユニバーシアードで金メダル、今年の日米大学野球では優勝(最高殊勲選手賞、最優秀投手賞)と多くのタイトルを獲得してきたが、大学日本一のタイトルだけは獲得をしたことがなかった。

 明治大では川上憲伸(元中日)以来19年ぶりとなる投手での主将を務めた。そして、ことあるごとに「野球選手としてだけでなく、人間としても成長させてもらいました」という母校に、最後に最高の置き土産を残したいという気持ちが誰よりも強くあった。

スポンサードリンク

1 2 3

shiro





@