データやコラム、多角的な視点で野球の魅力を発信!ベースボールチャンネル(BaseBall Channel)




阪神から指名、糸原健斗の武器は走攻守高い平均点。信念と努力で自分の進んだ道を正解に

阪神タイガースにドラフト5位で指名された糸原健斗(JX-ENEOS)は、プロからの指名を信じて取り組んできた日々の努力が実を結んだ。

2016/11/20

text By

photo

グランドスラム

タグ: , , ,



糸原健斗1

明大・善波監督の勧めで社会人へ

 超のつく俊足や強肩など、飛び抜けた能力に期待するか。あるいは、走攻守すべてに高い平均点の安定感を信じるか。プロ球団のスカウトは、大きく分けてこの2点を突き詰めていく。前者は上手く軌道に乗ればチームの柱となる選手を生み出し、後者は長くチームに貢献してくれる選手を育む。ただ、どうしても前者のほうが魅力的に映り、ドラフト指名される確率も高くなる。後者のタイプが社会人に多いのはそのためだ。

 175cm・80kg、右投げ左打ち。内野ならどこでもこなせる守備と広角に打ち返すバッティング――糸原健斗は、まさに後者の代表格である。

 開星高では、2年春から一番サードを任され、甲子園に3回出場した。当時からプロを目指していたが、高校からでは厳しいだろうと明大へ進学する。1年秋にはリーグ戦にデビューし、エース・野村祐輔(現・広島)を擁して優勝した明治神宮大会でも出場機会を得ている。3年でサードの定位置をつかむと、春秋ともベストナインに輝く活躍。だが、セカンドにコンバートされた4年時に大きく躓いた。

 「プロを意識し過ぎて自分らしさが出せず、打率が1割台だったんです。秋に取り返そうとしましたが、全然ダメでしたね」

 善波達也監督から強く勧められ、プロ志望届は提出せずに社会人へ。今年のドラフトでも育成を含めて4名が指名されたように、近年の明大は多くの選手をプロへ送り出しているが、その中には石川 駿(現・中日)や関谷亮太(現・千葉ロッテ)のように、社会人経由も何名かいる。糸原は、善波監督から社会人を勧められた理由を考えた。

「レフト方向へ流し打つことが多かったので、インコースを引っ張って長打にする力がなく、プロでは厳しいと思われたのではないか、と。だから、社会人ではバッティングを進化させようと考えました」

スポンサードリンク

1 2 3

shiro





@