データやコラム、多角的な視点で野球の魅力を発信!ベースボールチャンネル(BaseBall Channel)




2017年ドラフトの注目株は? 高校生は目玉・清宮幸太郎ら”清宮世代”の野手。社会人投手も豊作、大学生は伸びしろ次第か

一足早く、2017年のドラフト候補を紹介する。ご存知、早実の清宮幸太郎が最終学年を迎え、斎藤佑樹以来のフィーバーとなりそうだ。社会人は高卒3年目と大卒2年目の解禁組に逸材がそろっている。

2016/10/21

text By

タグ: , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , ,



ドラフト2016

清宮以外にも逸材候補ずらり、注目は九州学院・村上宗隆

 2017年のドラフト最大の目玉はなんといっても清宮幸太郎(早実・一塁手)だろう。入学直後からフィーバーと呼べるだけの注目を常に浴びながらも、結果を残し続けられるのは並の選手ではない証明である。

 技術的な良さは力みがなくコンパクトなスイングでボールを遠くに飛ばせるというところ。甘いボールを一振りでとらえることの重要性をよく分かっているように見え、ヘッドスピードやインパクトの強さも順調にレベルアップしている。守備、走塁面に特徴がないだけに敬遠する球団もあるだろうが、高校生の野手では中田翔(日本ハム)以来の大物と言えるだろう。

 清宮の存在に刺激されてか、高校生の野手に注目株が多いのも2017年の特徴である。同じ左の長距離打者として楽しみなのが村上宗隆(九州学院・捕手)、岡田悠希(龍谷大平安・外野手)、安田尚憲(履正社・三塁手)の三人だ。

 三人とも下級生の頃から中軸を任せられており、芯でとらえた時の打球の速さ、飛距離は清宮と遜色ない。そして守備まで含めた総合力で考えると、捕手としても高い能力を持つ村上に魅力を感じる。地肩の強さとフットワークも高校生では上位のレベルにあり、打てる捕手という希少性を考えるといきなり1位で指名する球団が出てくる可能性も十分に考えられる。

 右の強打者タイプでは宮里豊汰(常総学院・一塁手)、永井敦士(二松学舎大付・外野手)、太田英毅(智弁学園・二塁手)、福元悠真(智弁学園・外野手)などが候補になる。左打者の三人に比べると少しスケールで見劣りはするが、永井と太田は走塁や守備でも良さがある点は頼もしい。

 三拍子揃ったタイプでは増田珠(横浜・外野手)のバランスの良さがピカイチだ。
 春までは手首の故障に苦しんだが復帰した夏以降は攻守にチームを牽引し、秋の県大会でも2本塁打を放つ活躍を見せた。相手の隙を突く走塁や投手も務める強肩も素晴らしいものがある。現時点の完成度という意味では高校生野手でもナンバーワンと言えるだろう。

 投手に関しては秋の段階ではまだ目玉と呼べる存在はいないが、これからの成長が楽しみな選手は少なくない。北から順に挙げていくと古屋敷匠真(八戸工大一)、石川翔(青藍泰斗)、金久保優斗(東海大市原望洋)、清水力斗(星稜)、岡林飛翔(菰野)、宮原大樹(宇治山田商)、平元銀次郎(広陵)、山口翔(熊本工)などが候補となる。いずれも145km前後のスピードがり、岡林は既に最速151kmをマークしている。今年のように春以降150km投手が続出する可能性も十分に考えられるだろう。

スポンサードリンク

1 2 3

shiro





@