データやコラム、多角的な視点で野球の魅力を発信!ベースボールチャンネル(BaseBall Channel)




埼玉アストライア加藤優、前期打率.419。目指すは最優秀新人賞【花になれ#3】

女子プロ野球、埼玉アストライアのルーキー加藤優。ルーキーイヤーとなる今シーズンは16試合に出場し、いずれも途中出場ながら10試合連続安打を記録するなど、4割を超える打率をマークした。規定打席まであと僅かで、最優秀新人賞は射程距離内である。チームは前期最下位で終わってしまったが、アストライアにとっては後期の本拠地開幕シリーズで7月17日に今シーズン最大のキャパシティを誇る神宮球場(対兵庫ディオーネ)という大一番が控えている。 前期の振り返りや最優秀新人賞を目指す後期の意気込み、そして女子野球ワールドカップについて語ってもらった。

2016/07/01

text By

photo

どら増田

タグ: , , , , , ,



加藤優(花になれ3)

悔しくて雨空のホテル前で素振り

 本拠地開幕シリーズが終わったあとは、少ないチャンスをモノにできるようにモチベーションを上げながら、練習や試合に臨んでいたんですけど、(本拠地開幕シリーズで)結果を出したあとにまたベンチ外になってしまい (4月23日神戸サブ)、その日の夜は悔しくてご飯の誘いを断って「今日は動けてないから何かやろう」と、三浦由美子選手(後期からは兵庫ディオーネに移籍)と二人で素振りをしてました。雨が降るホテルの前で(笑)。ホテルに戻ったら監督に「明日ベンチ入り」と伝えられて、次の日の洲本(4月24日)では終盤、リードを許している場面で代打で打席に立ちました。そして自分の持ち味である思いきりの良さが出て結果を残せたんです。その後、チームも逆転をしてディオーネの連勝を止められたので、この試合は印象に残っていますね。

スポンサードリンク

1 2 3 4

shiro





@