データやコラム、多角的な視点で野球の魅力を発信!ベースボールチャンネル(BaseBall Channel)




【台湾の眼】侍ジャパンとの対戦は球界発展のチャンス。チャイニーズ・タイペイにとって学習の場

3月5、6日の2日間にわたって行われる侍ジャパンの強化試合。対戦するのはチャイニーズ・タイペイだ。同カードは実に4年ぶりとなる。

2016/03/04

text By

タグ: , , ,



nagayad

盛り上がりを見せるも試合への意識に相違

 今回のチャイニーズ・タイペイは言い換えるならば台湾プロ野球選抜だ。その陣容はとても豪華といえる。昨年、11勝を挙げて台湾シリーズ優勝の立役者となった王溢正(Lamigo)をはじめ、トリプルスリーを達成した林智勝(中信兄弟)、台湾人初のメジャーリーガーとなった陳金鋒(Lamigo)など名だたる選手達が集まった。特に陳金鋒は今季限りでの引退を表明していることもあり、これが最後の国際試合となる。この理由により現地では注目度が高まっている。

 台湾メディア『ETtoday運動雲』では「3月の試合に向けてユニフォームをはじめ、帽子など多くの商品を製作した。航空会社のチャイナエアラインの協力もあり、専用機が用意される。関係者やファンなど200人以上が日本へ向かう予定だ」と報じている。

 ちなみに侍ジャパンにとってはWBCに向けた「強化試合」という位置付けだが、台湾では「台日対抗戦・交流戦」と呼ばれている。発表されているロゴにはNPBとCPBLのものがついており、代表ではなくプロ選抜チームが対戦するという意味を表している。両チーム間で試合に対する意識が少し違うようだ。

スポンサードリンク

1 2 3

shiro





@