データやコラム、多角的な視点で野球の魅力を発信!ベースボールチャンネル(BaseBall Channel)




高校時代にダルビッシュも絶賛、2016年ドラフトの目玉は山岡。多士済々な社会人投手【横尾弘一のプロにつながる社会人野球】

2016年社会人投手も、プロ注目のドラフト候補が揃う。

2016/01/21

text By

タグ: , , , , , , , , , , , , , ,



山岡泰輔logo

創価大の田中とともに、山岡はドラフトの目玉

 毎年、ドラフト上位指名で即戦力と期待される投手をプロへ送り込む社会人野球には、今年も争奪戦必至の逸材が揃う。

 筆頭は、瀬戸内高から東京ガスへ入社し、ドラフト指名解禁の3年目を迎える山岡泰輔だ。瀬戸内高3年夏の甲子園に出場した際、ダルビッシュ有(テキサス・レンジャーズ)が「これは一番だわ」とツイートしたことで注目された右腕は、172cm・70kgと決して恵まれているとは言えない体格から150キロに迫るストレートを投げ込み、鋭いスライダーとのコンビネーションで18Uワールドカップの日本代表にも選出されると、準優勝に貢献して大会ベストナイン(救援投手)を獲得。

 それでも、「同期の松井裕樹(東北楽天ゴールデンイーグルス)との差を感じた」と進路を社会人に定め、東京ガスでは1年目からリリーバーとして実績を残す。21Uのワールドカップで日本代表入りし、先発を任された昨年は、都市対抗こそ一回戦で惜敗したものの、アジア選手権の日本代表でもエース格として2試合に先発した。

 大いに注目される今季は、チームを勝利に導く投球、トーナメントの連戦を乗り切るスタミナをテーマに、順調なスタートを切っており、大学球界を代表する金の卵・田中正義(創価大)とともに、ドラフト戦線の中心的存在になるだろう。

スポンサードリンク

1 2

shiro





@