データやコラム、多角的な視点で野球の魅力を発信!ベースボールチャンネル(BaseBall Channel)




【プレミア12】「1対0の展開だったら……」キム監督は小久保監督采配批判への気遣いも

本大会、2度目となった日韓戦は9回に韓国が驚異的な粘りを見せ、逆転勝利を収めた。これで両国による対戦成績は21勝20敗。日本が勝ち越してはいるものの、五分五分の戦いが続いている。

2015/11/20

text By

タグ: , , , ,



小久保代表監督(ロゴ入り)

大谷降板によって訪れたチャンス

 宿敵を倒した――試合終了の瞬間、韓国中が湧いた。開幕戦で敗れていた日本に対し、劇的な逆転勝ちをしたことで抱き合って喜ぶファンも続出。歴史的勝利をしたと盛り上がりを見せている。

 試合の明暗を分けたのは大谷翔平(日本ハム)の降板にあった。7回までわずかに1安打と完全に打ちあぐねていた韓国打線だったが、投手が則本昂大(楽天)に代わったことでチャンスが巡ってきた。

『chosun.com』ではこの投手交代について次のように分析している。

「大谷は7回まで85球とまだまだ投げることができたはずだ。だが、この早期降板で日本にはほかの投手でも韓国を抑えることができるという油断が生まれた。結果的にこの継投は失敗に終わり、打者達は楽な投手と対戦することになった」

 8回こそ、則本は完璧な投球を披露するも、回またぎとなった最終回につかまった。この日、3番打者を務めたキム・ヒョンス(トゥサン)は「大谷の球を見てからほかの投手の球を見たらとても遅く感じた」と語っている。

 大会前からチーム全体で掲げていた「打倒、大谷」を果たすことはできなかったものの、それを逆手にとって収めた勝利となった。

スポンサードリンク

1 2 3

shiro





@