データやコラム、多角的な視点で野球の魅力を発信!ベースボールチャンネル(BaseBall Channel)




2015年はドラフト1位候補が続々。実力&伸びシロ十分、全国各地に逸材揃う【大学生編】

10月22日に開催されるプロ野球ドラフト会議が間近に迫った今回はプロ志望届提出者81名の中でも、特に注目の大学出身の選手たちをピックアップし、紹介していきたい。

2015/10/19

text By

photo

高木遊

タグ: , , , , , , , , , , , , , ,



多和田真三郎(富士大)2

【写真】沖縄・中部商時代は指名漏れを経験した多和田真三郎。雪辱の時は近づいている。

大学日本代表でも活躍した主軸外野手トリオ

 まずは現時点でドラフト1位候補として、プロ球団スカウトの評価が高い外野手2人を紹介する。

 俊足巧打の外野手・高山俊(明治大)は今秋、高田繁氏(現DeNAゼネラルマネージャー)が保持していた東京六大学リーグの通算127安打の記録を超え、新記録を更新中。即戦力外野手として評価が高い。

 大学日本代表で4番に座った吉田正尚(青山学院大)は、身長172センチと小柄ながら、アマチュア球界ナンバーワンの呼び声高い長打力が売り。「軸のブレない打撃はもちろんのこと、走塁や守備のレベルも上がり、来年から1軍のスタメンを奪ってもおかしくない」と複数のスカウトが口を揃えている。

 同じく左打の外野手・谷田成吾(慶應義塾大)も精鋭が揃った大学日本代表で「完璧に捕らえた打球の飛距離は1番」(善波達也大学日本代表監督)と評されるなど高い長打力を誇る。攻守で確実性に欠ける部分もあるため、1巡目での指名はないかもしれないが、高い潜在能力は魅力的だ。

スポンサードリンク

1 2 3

shiro





@