データやコラム、多角的な視点で野球の魅力を発信!ベースボールチャンネル(BaseBall Channel)




高橋光成 いざ、プロへ――成長の源になった荒井直樹監督の言葉

2年生エースとして甲子園の頂点に輝いた2013年の夏。18U代表から戻った数時間後に急き ょ登板したものの初戦敗退でセンバツ出場を逃した2013年の秋。そして、健大高崎に敗れ た2014年の夏。荒井直樹監督の元、前橋育英での3年間で大きく成長した高橋光成。運命 のドラフト会議が間近に迫った今、済美の安楽とともに注目されるドラフト1位候補は何 を思うのか。

2014/10/23

text By

photo

baseballchannnel

タグ: , ,



DSC_0240

3年の夏を終えた今、プロ野球の見方が変わった

 運命の日が1日、また1日と近づいてくる。

「ドラフトはすごく楽しみなんですけど、本当に指名されるかな? とか考え出すと不安になっちゃって。寝られないって言うと大げさですけど、ホントはもっと後輩と一緒に練習して、いろいろ教えてあげたいと思っていたのに、結局自分のことだけで精一杯でした」

 昨夏は2年生投手として甲子園のマウンドに立ち、初出場初優勝。もう一度あの舞台へと、最上級生になった今夏、スピードと風格を増したエースは再び甲子園出場を目指したが、3回戦で健大高崎に敗れ、高橋光成の甲子園への挑戦は終わった。

 野球部寮を出て、実家から学校に通い、友達と遊ぶ時間など、これまでとは違う高校生活を満喫していると言うが、以前ならばただ楽しく見ていたプロ野球も、最近は、少しずつ見方が変わった。自然と「もしも自分がマウンドに立って、この打者と勝負したら抑えられるか」と考えている自分がいる。

「中田翔さんはとにかくすごい。何を投げたらいいのか、全然わかりません(笑)」

 不安もある、と言いながらも、目線はしっかりと前を向いていた。

 2年生で優勝投手になった昨夏、初戦の岩国商業戦は9連続を含む13奪三振という圧巻の全国デビューを飾った。
 188㎝という体躯と145㎞を超える速球のイメージは鮮烈で、初めての甲子園を終えると、前橋育英のエースは、高校球界を代表するピッチャーとして多くのメディアやスカウトの注目を集める存在となった。

 だが中学時代まで目を向けると、高橋は決して突出した存在ではなく、むしろ前橋育英の二番手投手であった喜多川省吾のほうが、実績では勝っていた。

 事実として、高橋に対しては荒井直樹監督も「体もいいし、素質はある。プロになる可能性を持った選手だとは思ったけれど、これほどの選手になるとは思わなかった」と振り返るほど。

 それが今、ドラフト候補、しかも「1位で指名する」と公言するチームが出るほどの選手になった。

 地道なトレーニングや、基礎練習を繰り返す技術練習を重ねてきたことに加えてもう1つ、高橋を開花させるきっかけになったのが、荒井監督が野球ノートに書いた何気ない一言だった。

スポンサードリンク

1 2

shiro





@