データやコラム、多角的な視点で野球の魅力を発信!ベースボールチャンネル(BaseBall Channel)




07年夏、甲子園を沸かせた広陵の核弾頭・檪浦大亮の今 悔いの残る大学野球を経て、野球人生のリスタート【2014年フェニックスリーグ通信】

07年の夏の甲子園、佐賀北対広陵の試合を覚えている方は多いはず。広陵のバッテリーは、野村祐輔(広島)、小林誠司(巨人)だった。そして、その広陵の1番打者を務めていたのが、現在愛媛マンダリンパイレーツに所属する檪浦大亮だ。

2014/10/31

text By

photo

Hideaki Ujihara

タグ: , , , , , , , , ,



DSCF0292

自分の次の人生のために、野球で完全燃焼したい

 フェニックスリーグには、NPBだけでなく、四国アイランドリーグ選抜も参加している。NPBを目指し、必死なプレーの中から、自身との差を感じようと努力を続けている。

 とはいえ、独立リーグといえど、全ての選手がNPB、真のプロ野球選手を目指しているわけではない。
 もちろん、延長線上にプロをとらえているが、これまでの野球人生の悔いをぶつける者や野球人生にもう一度輝きを取り戻したいと、完全燃焼を目指す選手たちがいる。

 その四国アイランドリーグ選抜の一人に、檪浦大亮(愛媛マンダリンパイレーツ)がいる。高校野球ファンなら、ピンときたかもしれない。

 07年夏の甲子園の決勝戦。佐賀北―広陵のあの劇的ミラクルが起きた試合で、広陵の1番打者としてチームをけん引した選手だ。

 小柄ながら、小力のある核弾頭だった。

 檪浦は、高校を卒業後、関西学院大と進み、2年間の社会人を経験の末、今季から愛媛のユニフォームをまとう。同期の野村祐輔(広島)、小林誠司(巨人)、土生翔平(広島)1学年下の上本崇司、中田廉(友に広島)に刺激を受けたのかと思いきや、檪浦は意外な想いを打ち明けてくれた。

「(野村や小林の)二人や広陵の先輩も後輩も、プロで頑張っている。彼らの存在が、僕が頑張れている要素ではあると思います。ただ、NPBを目指しているかというと、年齢も考えると難しいと思っています。NPBを目指しつつ、人生の先が長いので、何かこの先を生きていく中で、役に立つことがあんじゃないか。ここで頑張ったことを強みにできて、次の人生に向けていけるんじゃないかという想いもあって、今、プレーしています」

 檪浦がそう思う背景には、大学時代の苦い経験がある。

スポンサードリンク

1 2

shiro





@