データやコラム、多角的な視点で野球の魅力を発信!ベースボールチャンネル(BaseBall Channel)




勝敗を分けた世界での経験の差。日本代表、アジア野球選手権大会V6ならず【横尾弘一のプロにつながる社会人野球】

9月14日から台湾で行われたアジア野球選手権大会。社会人選手24名で編成された日本代表は大会6連覇を目指して戦ったが、韓国とチャイニーズ・タイペイに敗れ3位に終わった。

2015/09/24

text By

タグ: , , , , , , ,



円陣を組んで試合に臨む日本代表

プロの登竜門となった歴史ある大会

 1954年にフィリピン・マニラ市を舞台に第1回が開催されたアジア野球選手権大会は、不規則なペースで行われて1975年の第11回で休止され、8年後の1983年にロサンゼルス五輪のアジア予選として復活する。

 その後は2年おきの開催となり、五輪前年の大会が予選を兼ねる。

 そして、北京五輪予選を兼ねた2007年の第24回のあとは、他の国際大会と日程が重ならないよう、開催地を探しながら実施されている。

 日本では、1955年の第2回に立教大2年だった長嶋茂雄が出場して初優勝に貢献。

 当時は社会人と大学生が交互に代表チームを編成しており、1965年の第6回では法政大1年だった田淵幸一がレフトポール際に特大本塁打を放って王座を手にした。
 そうして、のちにプロで大活躍する選手たちの登竜門となりながら、今年で27回を迎えている。

 ちなみに、過去26回で日本は優勝18回(同率優勝を含む)と、アジア野球のリーダーたる成績を残しており、2003年の第22回から大会史上最長となる5連覇を達成している。

 6連覇を目指し、社会人選手24名で編成された日本代表は、9月14日に開催地の台湾・台中市に乗り込んだ。

【次ページ】V6を目指したが……

スポンサードリンク

1 2 3

shiro





@