データやコラム、多角的な視点で野球の魅力を発信!ベースボールチャンネル(BaseBall Channel)




高橋光成(前橋育英)――昨日の自分を超えられれば、その分、本物に近づいていける

2013年、夏の甲子園で彗星のごとく表れ、前橋育英の初優勝に大きく貢献した高橋光成。その後は疲労やケガに泣き、登板できない日々が続いた。ケガも完治し、2014年ドラフトの注目株が、この1年を振り返った。『ベースボールサミット第3回 やっぱり甲子園は面白い』(http://jr-soccer-shop.jp/products/detail.php?product_id=1062)P.214-P.220より引用

2014/10/18

text By

タグ: , , ,



DSC_0043

投げるたびに成長を遂げた2年生エース

 鉄壁の守備力を誇るチームの、2年生エースとして投げるたびに成長を遂げた昨夏。
「もう1年経つんだなぁ、と思います。ホント、あっという間でした」

 優勝候補の大本命として臨んだ昨年の県大会はさほど調子が良かったわけではなく、むしろエースとして初めて経験する夏の暑さに不安を抱えていた。それが、あれよあれよという間に成長を遂げ、甲子園出場を決めると、初戦の岩国商業戦は9連続を含む13奪三振で完封勝利。188センチの本格派右腕は、憧れだった全国の舞台で鮮烈なデビューを飾った。

 自身は「(キャッチャーの小川)駿輝さんが引っ張ってくれたので、思い切り投げられた」と謙遜するが、目を見張るほどの成長ぶりを体感していたのは、最も近くにいたチームメイトたちに他ならない。高橋と同学年で、昨夏の甲子園でもスタメンに名を連ね、現在のチームではキャプテンを務める工藤陽平は、高橋の姿が日に日に大きくなるような錯覚すら覚えたという。

「マウンドに立つ姿が堂々としていたからかもしれませんが、後ろで守っていても光成の背中を見たら『絶対大丈夫だな』と安心できました。オーラというか、風格というか。試合のときは、いつもみたいに話しかけられないような、エース、って感じの雰囲気がありました」

 超高校級と呼ばれる選手を擁するわけではないチームが、反復練習で鍛え上げてきた守備力を武器に勝ち進み、一つひとつの勝利でチーム力を高めてきたように、2年生エースの高橋も、試合を重ねるごとに逞しさを増したピッチングで進化を遂げた。8月22日、延岡学園との決勝戦を制し、優勝ピッチャーとしてマウンドに立ち、最高の瞬間を迎えた。

「甲子園に出ることが目標だったのに、ひとつ勝って、また勝って。まさか優勝できるなんて思わなかったので、夢みたいでした」

 もしも高橋が3年生であれば、それは最高のフィナーレだったことだろう。だが、2年生だった高橋にとって、歓喜の瞬間は次への始まりを告げる新たなスタートでもある。

 高校最後のシーズンは、苦難との戦いが待っていた。

スポンサードリンク

1 2 3

shiro





@